レーザー脱毛を用いた全身脱毛のデメリット

施術後のスキンケアや入浴などに制限が掛かることもある

レーザー脱毛は、施術を受けた後に比較的短い期間で効果が現れやすいことや、肌荒れや吹き出物などの肌トラブルの防止に繋がるものの、人によってスキンケアや入浴などに制限が掛かるというデメリットもあります。特に、二つ以上のパーツの施術をお願いしたり、元々肌の質があまり強くない人については、肌トラブルが起こりやすくなることもあるため、適宜医師と相談をしながら生活の過ごし方についてきちんと確認をすることが大事です。最近では、高性能のレーザー機器を用いたり、施術の方法を工夫したりすることで、術後すぐに普段通りの生活ができるようにしているクリニックもあるため、契約前にじっくりとクリニックごとの施術の特徴を理解することが重要です。

身体の隅々まで脱毛をする場合は多額のコストが発生しやすい

レーザー脱毛は、脱毛効果や安全性が高く、優れた脱毛方法の一つとして日本中に広まっていますが、施術を依頼するパーツや範囲については、多額のコストが発生してしまうこともあります。一般的に、フェイスラインやデリケートゾーンの産毛まで綺麗に処理したり、術後のアフターケアのために数回の通院をしたりする場合は、トータルで三十万円から五十万円ほどの資金が必要となります。また、肌質やムダ毛が多い箇所によっては、ジェルやクリームを使ってケアをするために追加料金が掛かることもあります。そうした中、身体の隅々までレーザー脱毛をしたい人は、定額で分かりやすい料金体系を採用しているクリニックに通院をするのがおすすめです。