光フラッシュを用いた全身脱毛のメリット

光フラッシュ脱毛とはどんなもの?

光フラッシュ脱毛は、IPL(インテンスパルスライト)脱毛とSSC(スムーズスキンコントロール)脱毛の2種類があります。IPL脱毛は、ムダ毛の生えている皮膚に光を照射し、毛根の組織を弱体化させるメソッドです。一方、SSC脱毛は、光に対して反応する特殊なジェルをムダ毛の生えている皮膚へ塗布してから光を照射することにより、ムダ毛の再生を抑える方法です。どちらも光照射が欠かせないものの、光が毛根に直接作用するIPL脱毛に対し、光がジェルに反応するSSC脱毛は、痛みが少ないと言われています。

光フラッシュ脱毛を施すうえでは特に免許や資格が必要ないため、光フラッシュ脱毛は家庭用脱毛器にも使われていますが、全身脱毛のように身体全体にわたって照射する場合には、脱毛サロンなどで専門家の施術を受ける方が好ましいでしょう。

光フラッシュを使った全身脱毛のメリット

光フラッシュ脱毛は、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛に比べると肌への刺激が小さく、痛みが少ないほかにも様々なメリットがあります。まず、照射範囲が大きく、一度に広範囲に渡り脱毛効果を発揮する点が挙げられます。また、医療レーザー脱毛は、永久脱毛に近い効果が得られると言われていますが、医師や看護師といった医療従事者しか施せないため、脱毛専門のクリニックが少なく、料金も高めに設定されることが多いでしょう。これに比べて、光フラッシュ脱毛は一般的なエステサロンなどでも無資格のスタッフによる施術が可能なので、店舗が豊富で料金もリーズナブルと言えます。

さらに、エステサロンは接客に慣れたスタッフが多く、マッサージやストレッチといった別のサービスとの組み合わせにより快適なサービスを受けられるでしょう。